ホーム 法人のご案内 中心会の歴史

中心会の歴史

中心会の歴史は1942年(昭和17年)4月、陸軍士官学校留日学生憩いの家「中心道場」として発足するところから始まりました。
現在に至るまでの中心会の歩みをご覧下さい。

1942年(S17) 4月 陸軍士官学校留日学生憩いの家「中心道場」として発足。終戦と同時に解散。
1945年(S20) 11月 恩賜財団同胞援護会本部直営「中心健康荘」として、昭和23年まで海外からの引き揚げ虚弱母子を収容。
1948年(S23) 11月 戦災孤児等の保護を行なうため、児童養護施設「中心学園」発足(定員30名)。
1953年(S28) 8月 社会福祉法人の認可を受け、社会福祉法人中心会として、中心学園を経営。
1954年(S29) 11月 中心学園の定員変更(定員50名)。
1955年(S30) 12月 中心学園の定員変更(定員60名)。
1956年(S31) 7月 中心学園の定員変更(定員85名)。
1968年(S43) 6月 養護老人ホーム中心荘を新設(定員50名)。
1974年(S49) 6月 養護老人ホーム中心荘を増築(定員85名)。
1980年(S55) 6月 特別養護老人ホーム中心荘を新設(定員50名)。
同所にて短期入所事業の開始。
1985年(S60) 6月 重度痴呆老人専用の特別養護老人ホーム第二中心荘を新設(定員50名)。
所にて短期入所事業、デイサービス事業の開始。
1991年(H3) 4月 わかばケアセンターにてデイサービス事業の開始。
中心学園にて神奈川県委託事業地域育児センター事業の開始。
1992年(H4) 11月 第二中心荘にてホームヘルパー派遣事業の開始。
1998年(H10) 11月 児童養護施設中心学園の相模原市移転改築。 名称変更「中心子どもの家」(定員50名)。
1992年(H4) 11月 第二中心荘にてホームヘルパー派遣事業の開始。
1998年(H10) 11月 児童養護施設中心学園の相模原市移転改築。 名称変更「中心子どもの家」(定員50名)。
1999年(H11) 3月 海老名市杉久保に「えびな南高齢者施設」開設。
「養護老人ホーム中心荘」を移転し、「えびな南養護老人ホーム」に名称変更(定員50名)。
えびな南特別養護老人ホームを新設(定員50名)。
1999年(H11) 4月 えびな南高齢者施設にてデイサービス事業、短期入所事業の開始。
えびな南高齢者施設に老人介護支援センターを新設。
1999年(H11) 5月 「特別養護老人ホーム中心荘」を「中心荘第一特別養護老人ホーム」に名称変更。
「特別養護老人ホーム第二中心荘」を「中心荘第二特別養護老人ホーム」に名称変更。
1999年(H11) 10月 えびな南高齢者施設にて居宅介護支援事業の開始。
1999年(H11) 12月 中心荘第一老人ホームにて居宅介護支援事業の開始。
2000年(H12) 4月 中心荘第一老人ホームの事務所棟を増築
中心荘第一老人ホームに老人介護支援センターを新設。
中心荘第二老人ホームのホームヘルパー派遣事業を中心荘第一老人ホームへ移管。
えびな南高齢者施設にて訪問介護事業の開始。
2002年(H14) 中心荘第一・第二老人ホームにてISO9001認証取得。
2003年(H15) えびな南高齢者施設、わかばケアセンターにてISO9001認証取得。
2005年(H17) 中心子どもの家にてISO9001認証取得。
2008年(H20) 11月 児童養護施設「中心学園」発足より60周年を向かえ法人の理念を見直し。
”あなたがいてくれて良かったと思える街づくり”を掲げる。
2009年(H21) 6月 海老名市上今泉に「えびな北高齢者施設」開設。
えびな北特別養護老人ホームを新設(定員50名)。
えびな北高齢者施設にて短期入所事業の開始。
中心荘第一老人ホームの居宅介護支援事業、ホームヘルパー派遣事業、訪問入浴介護事業をえびな北高齢者施設へ移管。
えびな北地域包括支援センターを中心荘第一老人ホーム内からえびな北高齢者施設内へ移管。
2009年(H21) 8月 中心荘第二老人ホームのデイサービス事業をえびな北高齢者施設へ移管。
2010年(H22) 3月 中心荘第一老人ホームの短期入所事業を廃止。
2010年(H22) 4月 えびな南高齢者施設のホームヘルパー派遣事業をえびな北高齢者施設へ移管。
2011年(H23) 2月 中心荘第二老人ホームにてデイサービス事業(認知症対応型)を開始。
2011年(H23) 3月 わかばケアセンターを廃止。
2012年(H24) 4月 海老名市大谷に「コミュニティケアおおや」開設。
2014年(H26) 4月 相模原市南区に「相模原南児童ホーム」開設。